エレコムのマウスの4、5番ボタンの設定

マウスアシスタント5で、ボタン4および5に

safari:戻る、safari:進む

の設定をしても反応しないことがある。

その場合、
マウスアシスタント5のボタン4と5の設定を「切」にした上で、
次の設定を行う。

karabienerを立ち上げる。

Misc & uninstallタブをクリックする。

Open private.xmlボタンをクリックする。

既存のprivate.xmlのコピーをとり別名で保存しておく。

private.xmlをエディタで開いて、内容を以下のように書き換える。

[code]
<?xml version="1.0"?>
<root>
<list>
<item>
<name>MouseButton 4 and 5</name>
<identifier>remap.mouse_button4_5</identifier>
<autogen>
–PointingButtonToKey– PointingButton::BUTTON4,
KeyCode::JIS_BRACKET_LEFT, ModifierFlag::COMMAND_L
</autogen>
<autogen>
–PointingButtonToKey– PointingButton::BUTTON5,
KeyCode::JIS_BRACKET_RIGHT, ModifierFlag::COMMAND_L
</autogen>
</item>
</list>
</root>
[/code]

Change Key タブをクリックして、Reload XMLボタンをクリックする。

リストに、MouseButton 4 and 5 が表示されるので、チェックを入れる。

以上によって、マウスボタン4、5に、safari戻るとsafari進むの設定ができる。

<safari:進むが、1passwordの起動と競合する問題の解決方法>

「safari:進む」のショートカットがcommand + ] となっており、1passwordの既定のショートカットと同じことが原因で、マウスの4番ボタンを押して、safari:進むを作動させようとすると、1passwordのポップアップが表示されて、safariが進む動作をしてくれない。

そこで、
1passwordの起動のショートカットを変更する。

1password本体のアプリを起動する。

「1password」→「環境設定」→「ログイン」タブ
Fill Login keyboard shortcut と
Show extension popup keyboard shortcut のところに、
ctrl + esc を入力してショートカットを変更する。

その他のショートカットを入力してみたところ警告が出て変更できなかった。

ちなみに、もともとのcommand + ] に戻すこともできなかった。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください