Accessの「単票形式」と「表形式」のフォームの作成手順

データベースの作成

Accessを起動します。

新規作成アイコンをクリックします。

「空のデータベース」をクリックします。

任意のファイル名を入力して、「作成」をクリックします。



まず、フォームを作成するための、下準備として「テーブル」と「クエリ」を作成します。

<テーブルの作成>

オブジェクトで「テーブル」を選択し、右欄で「デザインビューでテーブルを作成する」を選択します。その上で、「デザイン」をクリックします。

テーブルのデザインが表示されるので、「フィールド名」と「データ型」を下記の赤枠のように設定します。

「ID」の行を選択して、「鍵マーク」アイコンをクリックします。

上記画面を×ボタンをクリックすると、下記ダイアログが表示されるので「はい」をクリックします。

任意のテーブル名を入力して、「OK」をクリックします。

下記のように「T_マスタ」というテーブルができます。

「T_マスタ」をダブルクリックして、テーブルを開き、下記のように「氏名」を入力します。

入力が終わったら、×ボタンで閉じます。

<クエリの作成>

オブジェクト欄で「クエリー」を選択し、右欄で「デザインビューでクエリを作成する」を選択します。その上で、「デザイン」をクリックします。

「追加」をクリックし、「閉じる」をクリックします。

赤矢印のように、「ID」と「氏名」をドラッグアンドドロップします。

上記の画面で×ボタンを押すと、下記ダイアログが表示されるので「はい」をクリックします。

任意の「クエリ名」を入力して、「OK」をクリックします。

下記のように「Q_マスタ」というクエリが作成されます。

いよいよ、ここから本題の「単票形式」と「表形式」のフォームを作成します。

<単票形式のフォームの作成>

オブジェクト欄で「フォーム」を選択し、右欄で「デザインフォームビューでフォームを作成する」を選択します。その上で、「新規作成」をクリックします。

下記のような画面が表示されるので「オートフォーム:単票形式」「Q_マスタ」を選択して、「OK」をクリックします。

下記のように単票形式のフォームが作成されます。

上記フォームの×ボタンをクリックすると、下記ダイアログが表示されるので「はい」をクリックします。

任意のフォーム名を入力して「OK」をクリックします。

下記のように「F_単票形式」というフォームが作成されます。

再度、「F_単票形式」をダブルクリックしてフォームを開きます。

ここで、上記画面の①~⑤のボタンの意味を理解しておきましょう。

①先頭のレコードに移動します。

②一つ前(上)のレコードに移動します。

③一つ後ろ(下)のレコードに移動します。

④末尾のレコード(データあり)に移動します。

⑤末尾のレコードの後ろ(下)のレコード(空白行)に移動します。


③ボタンを1回クリックすると、次のレコードが表示されますので、実際に確認してみてください。

上の画面で⑤ボタンをクリッすると、末尾レコードの次の空白レコードが表示されます。

この空白レコードに、追加のデータを入力します。

下記のように、氏名のところに「吉田たけし」と入力して見ましょう。

入力が終わったら、×ボタンで閉じます。

<表形式フォームの作成>

オブジェクト欄で「フォーム」を選択し、右欄で「デザインビューでフォームを作成する」を選択します。その状態で「デザイン」をクリックします。

「オートフォーム:表形式」を選択し、「Q_マスタ」を選択します。そして、「OK」をクリックします。

下記のように表形式のフォームができます。

上記フォームの×ボタンをクリックすると下記ダイアログが表示されるので「はい」をクリックします。

任意の「フォーム名」を入力して、「OK」をクリックします。

「F_表形式」というフォームができます。


上記の「F_表形式」をダブルクリックして、フォームビューで立ち上げ、下記のように「氏名」の項目にデータを入力します。「ID」は、オートナンバー型なので自動的に入力されます。

単票形式のときと同じように、①~⑤までのボタンをクリックしてカーソルがどのように動くかを確認しておきましょう。

確認が終わったら、×ボタンで閉じます。


<サンプルダウンロード>