Jetpackコメント プラグインの導入と使い方

1 Jetpackのコメントプラグインの導入の仕方

Jetpackのプラグイン一覧画面に表示される「Jetpackコメント」ボックスの有効化のボタンを押します。
(Jetpackプラグインがインストール済みであることを前提としています。)

Jetpack_‹_WordPress_Fan_—_WordPress

有効化するだけで、コメント欄が表示されます。
私の環境では、TwentyTenのコメント欄が消え、Jetpackコメント欄に変更されました。特に設定は行っていません。

2 Jetpackのコメントの送信の仕方

Googleに嫌われること(SEO上やってはいけないこと)

コメントの送信の仕方としては、

①WordPressにログインしてから
②Twitterにログインしてから
③Facebookにログインしてから
④メールアドレスと名前を入力してから

の4種類の方法があります。

<①WordPressの場合>

①のWordPressのロゴをクリックすると、WordPressのログイン画面が表示されます。

Jetpack_by_WordPress.com_›_Log_In
WordPress.comにアカウントを持っている人は、①にメールアドレス(または、ユーザーネーム)とパスワードを入力して、LogInボタンを押し、WordPressにログインします。

WordPress.comにアカウントを持っていない人は、②のRegisterを押して、アカウントを新規作成します。

<②Twitterの場合>

②のTwitterのロゴをクリックすると、Twitterのログイン画面が表示されます。

Twitter___アプリケーション認証

ログインするか、アカウントを新規作成します。

<③Facebookの場合>

③のFacebookのロゴをクリックすると、Facebookのログイン画面が表示されます。

Facebook

ログインするか、アカウントを新規作成します。

<④直接入力の場合>

④の場合は、メールアドレスと名前を直接入力します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最後に、コメントを入力して、「コメントの送信」ボタンを押します。

すると、未承認コメントとして、登録されます。

この時点では、ブログの画面には表示されません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3 投稿されたコメントを承認する方法

ブログの管理者は、ダッシュボードの「コメント」メニューを押すと、コメント一覧が表示されます。

コメント_‹_WordPress_Fan_—_WordPress

赤枠のあたりに、マウスポインターをあわせると、

承認する | 返信 | クイック編集 | 編集 | 履歴 | スパム | ゴミ箱

という文字が表示されます。

一番左の「承認する」をクリックすると、該当のコメントが承認され、ブログのページに表示されるようになります。